地域の豊かな未来を共創する 山口フィナンシャルグループ

健康経営への取組み

1.健康経営への取組について

株式会社山口フィナンシャルグループ(代表取締役社長 CEO 椋梨 敬介)は「人」を最大の財産と考えており、従業員一人ひとりの心身の健康保持・増進は、地域とYMFGの成長に欠かせないものと考えています。
従業員一人ひとりの健康意識向上に努め、全ての従業員が活き活きと働くことのできる職場環境づくり、ワークライフバランスの向上を実現し、社会課題を解決するリージョナル・バリューアップ・カンパニー(地域価値向上会社)として、地域の皆様に付加価値のある最高のサービスを提供できるよう努めてまいります。

2.推進体制

 健康経営推進の最高責任者は株式会社山口フィナンシャルグループ代表取締役社長CEOが務めます。
  また、健康経営に向けた各種政策の企画・運営・検証については経営統括本部執行役員のもと山口フィナンシャルグループ経営管理部が中心となり、産業医、健康保険組合、従業員組合等と連携し実現する体制となっております。


3.健康経営に向けた具体的な活動方針

 代表取締役社長CEOを健康経営推進の責任者とし、グループ会社各社と健康保険組合が一体となり、従業員およびその家族の心身の健康保持・増進を図るため、以下の施策を取り組んでまいります。

(1)からだの健康

  • 定期健康診断受診の徹底
  • 要精密検査者への受診勧奨
  • 被扶養者の特定検診受診率の向上
  • 特定保健指導実施率の向上
  • 女性のがん検診受診推進
  • 歯科検診の受診推進 など

(2)こころの健康

  • ストレスチェックの実施とその結果を踏まえた職場環境の改善
  • メンタルヘルス不調者に対する産業保健スタッフによる個別サポートケア など

(3)職場環境づくり

  • 連続休暇(平日5連休)の年2回取得
  • リフレッシュ休暇(年5日)の取得
  • 建物内全面禁煙
  • 治療と仕事の両立支援
  • フレックスタイム勤務制度の導入
  • テレワーク、短時間勤務の利用支援 など

(4)その他

  • 契約保養所利用補助
  • こころとからだの健康相談
  • 健康増進施設利用補助
  • 「けんぽニュース」発行
  • 健康ウォーキング 年2回実施
  • 健康増進にかかる費用補助

株式会社 山口フィナンシャルグループ

代表取締役社長 CEO

椋梨 敬介

「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」の認定について

 山口フィナンシャルグループは、2022年3月に経済産業省および日本健康会議より、「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」に認定されております。